輸送安全方針

運営方針

  1. 安全の確保が事業経営の根幹であることを認識し、その重要性の意識付けを全社員が理解する。
  2. 人命を尊重して安全を最優先に、組織や職責を超えて一致団結して思考、行動する。
  3. 関係法令等を遵守すると共に、輸送の安全に関する内部監査を実施し、必要な是正措置と予防措置を講じる。
  4. 安全の確保に最も大切な行動は、基本動作の実行、確認の励行及び連絡の徹底である。
  5. 輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善(Plan Do Check Action)を行い、安全管理体制の継続的改善を実施し、輸送の安全性の向上に努める。

【各資料のダウンロードはこちらへ】
輸送の安全に関わる事項.pdf
平成31年度安全活動計画.pdf


安全施策

  1. 輸送の安全確保が最重要課題である事を認識させる為に方針を周知する。
  2. 関係法令を順守する。
  3. 輸送の安全に関する教育・研修を実施する。
  4. 事故防止会議を積極的に展開する。
  5. 取引先、関係会社、協力会社と協力して輸送の安全に努める。
  6. ヒヤリハット情報を活用し積極的な事故防止活動を展開する。
  7. 具体的重点施策を策定し積極的な事故防止活動を展開する。
  8. 安全に対する意識付けを社員全体に図る。
  9. 飲酒運転の根絶を図る。
  10. 点呼の完全実施。

‣具体的な取り組み

・本年度輸送安全目標公表

1.輸送の安全に関する基本的な方針

輸送の安全の確保が最大の使命であるとの決意のもと、安全方針を定める。

2.輸送の安全に関する目標及びその達成状況

(目標)

事故形態 抑止目標
人身事故 0件以下
物損事故 2件以下 50%削減(前年比)

(前年度達成状況)

事故形態 抑止目標 結果 達成度
人身事故 0件以下 0件 達成
物損事故 2件以下  50%削減 5件 未達成

(目標)

事故形態 人身事故 物損事故
抑止目標 0件以下 2件以下
50%削減(前年比)

(前年度達成状況)

事故形態 人身事故 物損事故
抑止目標 0件以下 2件以下
50%削減
結果 0件 5件
達成度 達成 未達成

3.事故に関する統計(前年度)

昨年度重大事故発生件数 0件
 事故の種類
衝突の状況
(貨物自動車運送事業法第24条の3による輸送の安全にかかわる情報の公表)
貨物自動車運送事業法輸送安全規則第2条の8  国土交通省告示第1091号

‣年間スローガンの掲示

危険予知 先手先手で事故防止 後手にまわるな安全確認
危険予知 先手先手で事故防止
後手にまわるな安全確認

重点推進項目の掲示

  1. 輸送の安全が最も重要であるという認識の徹底と輸送安全教育及び関係法令・社内規定の順守。
  2. 関係法令を遵守し輸送の安全確保に関する内部監査の実施と必要な是正措置を講じる。
  3. トラック協会主催及びグループ等で行われる、省エネ安全運転講習会・ドライバーコンテストへの積極的参加。
  4. 適正一般診断・適齢診断を完全実施し、輸送の安全確保に努める。
  5. 社内及び車両の管理を徹底し、働きやすい環境を整備し事故防止に努める。

全体安全講習会の開催

講習会1
講習会4
講習会7
講習会2
講習会5
講習会8
講習会3
講習会6
講習会9

全体安全講習会の開催

会社重点推進項目である「飲酒運転の根絶」への取組み

「飲酒運転を絶対にさせない!」ために、アルコール測定器(ALC-PROⅡ)の導入・運用開始しました。乗務前点呼及び乗務後点呼時にすべての乗務員のアルコールチェックを行っている。

 アルコール測定の様子

  アルコール測定器本体

アルコール測定器本体

  アルコール測定管理画面

アルコール測定管理画面

第25回無事故・無違反チャレンジ200日に3チーム(30人)挑戦!